自己破産における弁護士と司法書士の違いと選び方

自己破産を依頼する場合、弁護士と司法書士では何が違うのか?

違い

 

自己破産の申し立ては本人ができれば一番良いのですがあまりに敷居が高く、またかなりの手間やストレスが掛かることから専門家に依頼するケースがほとんどです。自己破産を依頼するという事は、債務の返済の返済が生きず待っている状況だからと思います。

 

債務の問題は、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが定石となっていますが、専門家にもそれぞれ特徴や許可されていることが違います。では自己破産においての弁護士と司法書士の違いとは何なのかを解説していきます。

弁護士と司法書士、どちらに依頼すればいいの?

結論からいうと自己破産の依頼は弁護士に頼むのがベストです。法律の専門家としての代表となるものが弁護士です。弁護士は法律的問題を代理する様々な権限を有しています。弁護士が有する国家資格、弁護士資格を有しない者は「弁護士」を名乗ることはできません。

 

対して司法書士は書類作成の代行が主たる業務です。そして原則として法律に関する代理行為はできません。ただし、法務大臣の認定を受けた認定司法書士は債務整理に関して携われるようになりました。しかしながらすべての弁護士が行う代理行為が許可されたわけではないので様々な制限があるのも事実です。

 

司法書士に依頼するメリットと言えば依頼費用が安いという点です。ただし、債務の総額が140万以下という条件があり、それ以上の債務の処理を行う場合は司法書士では対応できません。

 

自己破産や個人再生などの債務整理は地方裁判所の管轄です。(司法書士が許可されているのは簡易裁判所のみ)そのため司法書士では手続きを行うことはできないのです。このあたりが司法書士に債務整理を依頼する場合のデメリットになります。

 

自己破産を弁護士に依頼した場合、ほぼ全てにおいて弁護士に一任できます。また通常の50万円ほどの予納金が20万に減額され、ほとんどの案件が少額管財事件となるメリットもあります。

女性ナビゲイター