クレジットカードの取扱いと作り方

自己破産とクレジットカードについて

クレカ

 

自己破産を行う上でのデメリットとしてはクレジットカードの問題です。自己破産を行うと、信用情報センターに自己破産者として事故者登録が行われます。この事故情報は5年〜7年程度登録され、その後で抹消されますが、当然情報が残っている期間は金融機関での審査は全て断られてしまいます。

 

自己破産により債務がなくなったとしてもクレジットカードが必要ではないとはいえません。現在社会においてはある面、クレジットカードは生活必需品ともいえます。インターネット決済などは典型的な一例です。

 

振込手数料や代引きなどネット通販などにおいてはクレジットカードを所持じていない方が割高になることも多々あります。

VISAデビットカードの利用

デビットカードというカードをご存知でしょうか?デビットカードとは簡単に言えば予めお金をチャージしているクレジットカードです。通常のクレジットカードはカードの使用限度枠ないでの使用において使用者に後から使用額を請求する流れになります。そこには信用が存在しているわけです。

 

そのような意味ではデビットカードはお金を使いすぎる方や自己破産者などに適したカードと言えます。つまりデビットカードは現金で支払っているのと同じ扱いですね。VISAデビットは自己hさんを行った方でも所持できます。なぜなら原則無審査で発行されているからです。

 

VISAデビットは名称はVISAですが発行は全て銀行本体です。つまり信販会社の名称は使われていますが本人と銀行との取引です。

女性ナビゲイター