ブラックリストと信用情報機関

ブラックリストと信用情報機関

金融機関のブラックリストとは

ブラックリスト

 

ブラックリストに載るってよく話に聞きますよね。また何かの拍子に話題に登ったりもしませんか?イメージされることはマイナスであって良いことはないですよね。ではブラックリストってそもそもどのようなものなのでしょうか?

 

ブラックリストって日本語で簡単に言えば「事故者情報」ということです。金融機関においてのブラックリストや事故者情報とはお金の返済が滞ったり、支払うべきものを支払わなかった場合に記載されるものです。そしてこの情報がデータとして取り扱われているのです。

 

このらの「事故者情報」は信用情報機関という機関登録され、この機関は大きく分けて3社あり、銀行系の全国銀行個人信用情報センターや、信販系に関するCIC、消費者金融系に関するJICC(株)日本信用情報機構になります。

 

これら信用情報機関に記載された情報は、クレジットカード作成を行う際や、住宅ローンの融資などの際に閲覧され、審査の判断に活用されます。個人でもこの情報を閲覧することは可能です。これを情報開示といい、情報の発行には手数料がかかります。

 

この信用情報機関での情報は銀行系や信販系など3社で共有されます。即ち一ヶ所の管轄で問題を起こすと、全ての関連した機関で以後借入ができなくなります。つまり携帯電話の割賦契約やクレジットカードの新規作成や使用なども該当するのです。

 

しかし各社の情報登録期間は共通ではなく違いがあります。たとえば全国銀行個人信用情報センターでの登録期間は10年です。この全国銀行個人信用情報センターでの登録期間が最長で
す。CICなどの7年前後での登録の抹消もありますが、少なくとも10年経てば新たに金額の大きい住宅ローンを組むことも可能になってくるのです。

女性ナビゲイター
トップへ戻る