自己破産と所有車の取扱について

自己破産と所有車の取扱について

自己破産と所有車の取扱について

車

 

自己破産時の車の価値が20万以下の場合

自己破産を行うにあたり、20万円以上の財産は処分しなければなりません。反対に自己破産時の車の価値が20万以下の場合はこの限りではありません。しかしこの価格で間違いないことを証明する必要があります。

 

即ち車検でお世話になっている業者や中古車店などに依頼することで、「車を売りたいのだけでど査定してもらえませんか?」、また新車を買うという感じで正規のディーラーなどで「見積もりを出してもらう」などで解決します。

 

その見積書を弁護士に提出すれば大丈夫です。査定価格が20万以上だったからといって、自己破産前に家族や知人などに名義変更して処分を免れようとする人もいますが、絶対におすすめできません。もし発覚すると、免責不許可事由になるので覚えておきましょう。

自己破産時の車の価値が20万以上で且つローンが残っている場合

 

このケースが一番多いかもしれません。所有車のローンが残っている場合、車検証の所有車欄はローン会社です。自己破産を申請すると支払不能になると同時にローン事態が出来なくなります。つまり車を没収されます。

 

この事態を回避する方法としては債務者変更を行う方法があります。家族や親戚などに契約者変更してもらい、変更してもらった人から車を貸して貰います。しかし審査もあり、また破産者が絡むことから交渉に応じてもらええない場合もあります。

 

また名義変更をおこないローンは自分が払い続けるといった方法は厳禁です。免責不許可事由になる恐れがあります。

自己破産時の車の価値が20万以上で且つローン無しの場合

 

原則処分の対象です。それ以外の方法としては、自己破産しても車がどうしても生活に必要であることお裁判所に訴えて、認めて貰う方法です。いわゆる自由財産の拡張裁判です。ただし、裁判所に訴えて自由財産の拡張裁判を起こす方法があります。

 

しかし単に車が必要だからというような理由では厳しく、福祉関連での障害者の方の利用や病気による通院などのうしても必要である場合以外は厳しいいかもしれません。自己破産による車の処分。つまり回避することは基本的困難であると認識しておくべきです。

女性ナビゲイター
トップへ戻る