自己破産と携帯電話の取扱について

自己破産と携帯電話の取扱について

自己破産と携帯電話の取扱について

スマホ

 

携帯電話は口座引き落としなどの料金の支払い方法によっては提出する預貯金の通帳から債務の対象になる可能性もあります。本来、携帯電話は1人一台所持している現代社会において、生活必需品として認知されているもので、財産として処分に該当しませんが影響がないわけでもありません。

 

携帯電話の場合の現在の契約、今後の機種変更、キャリアの新規契約など自己破産後の携帯電話の取扱について解説を行います。

 

携帯電話関わる信用情報機関について

携帯電話の購入や使用に関しては2つの信用情報機関が関係しています。

 

(CIC) 携帯電話を割賦(分割)購入する際の信用情報機関
不払い情報交換システム 通話料金等の滞納情報を交換するシステム

 

自己破産の申し立てを行う事で、事故者として登録されると携帯電話を分割購入できなかったり、それ以前に契約を断られることになります。

現在使用している携帯電話の取扱について

現在使用している携帯電話に分割残債がある場合

 

現在使用している携帯電話が割賦契約期間中であれば、残債を債務として取り扱うことになります。そして対象通信事業者が自己破産お申し立ての書類を受け取った段階で携帯電話は使用できなくなります。

 

この場合は債務整理に関する事故者扱いになり、CICに事故者登録される事になります。基本的には携帯電話の分割の場合も残債があれば債務になります。しかし実際は債務として届けるかどうかは弁護士の判断に委ねるところもありますので、事前に相談しておくことが重要です。

 

なぜなら「自己破産後のローンや融資は受けられる?」の項目でも説明しましたが、免責対象とした当該金融機関・企業については、各自社内データで永久貸出禁止先として登録されるため2度と契約できない可能性があります。

現在使用している携帯電話に分割残債がない場合

 

現在使用中の携帯電話の通話料金を滞納がなければ、なんの問題もなくそのまま使用できます。
基本的に通話料金を滞納している場合は、滞納している債務を裁判所へ債務として申請することになります。つまり携帯電話は使用できなくなります。

 

この場合は不払い情報交換システムに事故登録される事になります。しかし債務として申請しなければ不払い情報交換システムに事故登録される事にはなりません。

 

この不払い情報交換システムは基本的に通話料金を支払う事で事故登録が解除されます。滞納している通話料金を支払う事で事故登録が解除されれば他の通信事業者との契約を行えるようになります。

CICで事故登録がある場合

自己破産を行った場合、CICへは必ず登録されます。つまり携帯電話の機種変更時に窓口で何か確認されているのはCICへの事故登録のチェックです。

 

信用調査機関での情報は連携されていてCICが信販・クレジット系の信用情報機関で事故者として登録された場合、登録期間は5?7年間です。即ちこの期間は分割で携帯電話を購入する事はできません。

 

不払い情報交換システムの参加企業について

 

NTTドコモ
KDDI、沖縄セルラー電話
ソフトバンク
ウィルコム、ウィルコム沖縄
イー・アクセス
ウォルト・ディズニー・ジャパン
UQコミュニケーションズ
サジェスタム
汐留モバイル
ケイ・オプティコム
東日本旅客鉄道
ラネット
ヤマダ電機
ノジマ
日本通信
UQモバイル沖縄
ビッグローブ
TOKAIコミュニケーションズ
アクセル
楽天イー・モバイル
ニフティ
フリービット
トーンモバイル

女性ナビゲイター
トップへ戻る