免責不許可事由に該当するものと例外について

免責不許可事由に該当するものと例外について

免責不許可事由に該当するものと例外について

例外

 

自己破産とは経済的に困窮した人が生活を立て直すための債務整理の最終手段です。しかし債務を帳消しにするには、それなりの理由が必要で裁判所から債務の免責が認められなければなりません。

 

基本的に自己破産は債務の債務の支払不能状態であることが証明できれば免責も許可されます。ただし、免責が認められないこともあります。免責が認められない、許可されないことを「免責不許可事由」と呼ばれ例えば、

 

・虚偽の財産状況を裁判所に報告をした
・ある特定の債権者だけに返済を行った
・自己破産を行う前提で債務を増やした
・ギャンブルなどの原因で借金を作った
・過去7年以内に自己破産を行っている

 

基本的にこような条件に該当する人は自己破産を申請しても認められません。

 

ギャンブルや浪費の借金は免責不許可となるか?

女性

ギャンブルによる借金は破産法により自己破産での免責不許可事由に該当します。しかしながら必ずしも免責が認められないのかと言うとそうではありません。

 

破産法(第252条1項、および第252条2項)により、過去の判例から裁判官による裁量免責が認められているからです。つまり、免責不許可事由に該当してるとは言え、その行為自体の全てが自己破産に至る直接の原因であるとは認められないケースです。

 

実際ギャンブルに費やした金額が、生活費の1/3程度までなら免責が認められるケースもあるようです。また免責不許可事由に抵触してる観点からギャンブルに関わった借金であろう金額の何割かを任意弁済する条件下で免責を与えるような判例もあるようです。

 

大抵の人がギャンブルとは一度は関わっていると考えられます。このような点からも、ギャンブルが原因で免責不許可事由なるだろうと自己破産を諦めるのではなく、申し立てをしてみる価値は十分にあります。

女性ナビゲイター
トップへ戻る