法律で保証されている財産と自由財産として扱われる物

法律で保証されている財産と自由財産として扱われる物

自己破産と財産の取扱について

財産

法律で保証されている財産

自己破産を行うと財産は全く無く、0からの再スタートというイメージがありますが、実際はそんなことはありません。必要最低限のお金も必要ですし、居住する場所も必要です。洗濯機や冷蔵庫も必要です。生活に最低必要な家具なども必要です。

 

基本的に財産と呼ばれるものは債権者に配当されます。財産とはある程度の価値があり、分配されて配当として価値のあるものと考えて問題ありません。即ち家や、20万円を超えるような有価証券、自動車などが配当の対象になります。自己破産後でも、99万円までの現金を持つことを法律で許されています。

自由財産として扱われる物

 

自己破産を行った後でも例えば洗濯機が壊れた!冷蔵庫が壊れた!そのような場合は修理するか購入するしかありません。このような場合は差押えや配当の対象外となることがあります。また99万円以下の現金は持つことが可能すが、預貯金の場合だと20万円以上は持てないという規定があります。

 

理解に苦しむ事柄ですが、20万円以上の預貯金を現金化しておこうとした場合、自己破産手続きの直前に現金化すると許可されている現金として認められないケースもあるようなの注意して下さい。

 

このあたりは家計状況チェック表の収支との関連と預貯金の支出入から指摘される危険があるのでこのあたりも考えて、自己破産の時期も考える必要があります。また処分の対象となる財産は自己破産申請者本人の財産です。家族が所有する資産については対象外です。さらに本人名義云々ではなく、実質的に本人が所有していれば処分の対象となります。

女性ナビゲイター
トップへ戻る